--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.12

日本ヨーガ療法学会研究総会in岡山

Category: イベント
7月7日、ヨーガ療法学会に参加して来ました!今年は岡山であったので、私の住む島根からは割と近くて良かったです。去年の札幌と比べたら、そりゃもう、近くて良かった!
場所は、岡山シンフォニーホールです。

大会長は岡山の柴田病院院長 柴田志先生


今年は参加者1500人だって!
年一回の日本全国のヨーガファン待望の学会ですものね。



今回の公演してくださった先生は、クリシュナU.K先生(日本アーユルヴェーダ・スクール校長)今年も、先生の流暢な日本語で、アーユルヴェーダのお話を聞けて嬉しかったです。

インド哲学・仏教学の専門家、前田專學先生。初めてお会いしましたが、先生の輝かしい経歴にビックリ!そして、何より、優しい語り口調にとても癒されました。
講演途中で、いきなり消えてしまわれて(資料を足元から探しておられた)、会場が一時騒然としました(笑)。

九州大学病院長 久保千春先生。先生は、心身医学の専門家。国立大の病院長なのですが、おちゃめな講義と先生の人柄にもヨーガ療法士にもファンが多いです。私もファン。

東京大学名誉教授 日本統合医療学会名誉理事長 渥美和彦先生 日本の統合医療の神。先生の風貌は、アメリカの統合医療の専門家アンドリュー・ワイル氏とそっくりなのが、不思議。
医学の最先端を学ばれた先生が、統合医療の重要性を話されるのですが、いつも先生のお話は患者目線で、とても勉強になります。




この写真はドイツのリハビリ医、クリストフ・ガーナー先生。
先生のいらっしゃる、ドイツのリハビリテーション病院で行われている、ヨーガ実習や、ほかのリハビリテーションの様子をお話下さいました。
うらやましい限りの施設。日本では、脳卒中などで麻痺をおこした人は、発症から6か月経つと、回復は見込めないと、リハビリが打ち切られる現状があります。数少ないリハビリ医の先生たちがそれを打開するために、頑張っているような現状で、限られた人たちしかその治療を受けることが出来ないのです。
先生の病院では、いろんな事をどんどん取り入れてやっているという感じがしました。


これは、ポスター発表の会場。会場がせまく、しかも発表が多いので(今年は300をゆうに越えていました。)発表時の会場の中はすごい熱気でした。
なぜか、私もポスター会場でフラフラしていたら、いきなり電話掛かってきて、ポスター座長を急遽務めることになって、摂食障害の列を担当しました。今回も、参加者のつもりで来たけど、米子組はこんな感じで毎回お仕事しています。配布用のDVDにシール貼ったり、本を売ったり。それがまた楽しんですけど(笑)。

座長はとても勉強になりました。

今年も、私はポスター発表をしました。一番地味なポスターだったのですが、「ポスターが地味で逆に目立ってますね。」と褒めてもらいました(苦笑)。
どうやって、みんなあんなカラフルに絵とか入れながら作れるのか?そっちの方が不思議。

今回の発表で、パワーポイントの未知の性能について考えさせられる。
ていうか、使いこなせていないことに気付くが、来年も地味になると思う…。

新卒の卒業生の方がパワポの使い方がうまい。誰か、こんな私に教えてやってくれ!

来年は宮崎です。
たどり着けるだろうか?宮崎まで…。




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2011
09.12

サミーラ来日10周年記念イベント【報告】

Category: イベント
サミーラさんの来日10周年記念パーティーが土曜日、東京のインド料理店ケララの風Ⅱであると聞きつけ、偶然にも東京にいた私は、東京のゴトゥコラ会員さん達にも会えると、おじゃましました。

会の終わり、残ったメンバーでお店で写真を撮りました。DSCF2870 (450x338)

中心で踊るのは、一人一人のパーソナル・アーユルヴェーダを提供する(有)ビューティーライフ研究所の高橋佳璃奈先生
私も、こんな風にポーズが取れるようにもっと努力しないといけないと反省しました。
DSCF2871 (450x338)

高橋先生の話が面白すぎて、これがサミーラ来日10周年のパーティーだったことを忘れていました。
そして、本当にサミーラさんのゴトゥコラのお客様に実際にお会いできたことがうれしかったです。
サミーラさんの来日時の失敗エピソードも笑えました。
所持金5万円で、言葉も通じないのに、別府行のバスではなく、熊本行きのバスに乗り、1万円くらい使ってしまった話。切ない!


東京のみなさん、また会いたいです!

次会うときは、宇宙か?はたまた来世か???

Comment:0  Trackback:0
2011
06.29

第9回日本ヨーガ療法学会研究総会in札幌 【報告】

Category: イベント
2011年6月25日(土)、26日(日)第9回日本ヨーガ療法学会研究総会に参加してきました。

札幌で行われたので、出雲縁結び空港から羽田を経由し、新千歳に降り立ったとき、噂には聞いていましたが、本当に涼しく湿度もなく、サラッサラ~な、過ごしやすい気候でした。
ジメジメ山陰を毎年経験している私としては、もうここに住みたい!と、本気に思ってしまうほど(笑)。


今年のテーマは
がん統合医療とヨーガ療法
~がん予防とがん再発予防としてのヨーガ療法~

ヨーガは、自律神経を整え、ナチュラルキラー細胞を活性化することが近年の研究でもわかってきています。
副交感神経を優位にして、免疫力を上げる、がん予防にはもってこいの療法です。

今回、免疫学の方面から新潟大学医学部教授、安保徹(あぼ とおる)先生の招待講演がありました。
噂通りの津軽弁で、話が面白い。そして、わかりやすい。
がん細胞はどういうものなのか?がんを広げないためにはどうしたら良いのか?ハッキリと解説して下さいました。
印象的だった話は、細胞は低体温 低酸素 高血糖であると細胞分裂の際、発ガンするので、その反対、からだを温めて、深呼吸して、食事を整えると、ガン細胞も生きづらくなって、消滅するのであるというお話。
つまり、ヨーガなどの呼吸法を取り入れた健康法はそれに繋がって来るというのです。

abo.jpg
招待講演 安保 徹先生「健康法、呼吸法と免疫力」
会場:札幌プリンスホテル・国際館パミールの美瑛の間


そして、安保先生と同じく、優しい津軽弁でお話下さったのが、弘前大学名誉教授 今 充(こん みつる)先生。
先生のお話は、健康とは何か?といった哲学的な人間の根本からお話下さいました。
この講演もとても感動。
先生の言われた面白かった、ガンを治す4ヶ条
①ストレスの多い生き方をやめる
先生曰く、「仕事は一年休みなさい~。」(日本人は働きすぎですもんね。)
②ガンを恐れるな
ガンを恐れると、病気と闘おうと闘争心が湧き、アドレナリンが出るので、ガンがさらに悪くなるそうです。
(これも納得。私の持論ですが、病気は自分で作ったものなので、否定してもしょうがない。受け入れるのみです。絶対に受け入れなければ良くならないと思っています。)
③辛いことはしない
先生曰く、「西洋医学(抗がん剤治療等)はほとんど、辛いのでやらない方がいいけど(会場爆笑)、やっちゃったならば、辛いと思ってはいけません。」(なるほどこれも納得。)
④環境を整えなさい
体温を上げなさい(免疫力アップですものね)

最後に先生が、「過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられるのです!!
過去と他人を変えることばかりしていると、病気になるよ。」
とおっしゃっていました。
みんな心あたりがあるので、会場爆笑でした。

kon.jpg
弘前大学名誉教授 今 充先生「いのちの質をもとめて」


早稲田大学人間科学学術院教授 早稲田大学応用脳科学研究所所長の熊野宏昭先生。
心療内科医で、臨床心理学をされている先生です。
私たちが、自然に当たり前と感じている思考と行動、生理現象、言語行動などを分析して研究したお話をしていただきました。
完全講義だったのですが、こういう人間の行動を分析するお話、大大大好きだったので、この先生の講義をキチンと受けたいと思う私なのでした。もう一回講義、受けたい。。。
早稲田に入学したくなってきました。今さら…

kumano.jpg
招待講演 熊野 宏昭先生 「行動分析学とACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)」



今回の大会長がんビレッジ札幌の平田先生の発表。
がんビレッジ札幌では、実際にガン患者さんに、ヨーガ療法を行っています。
ヨーガ療法以外にも、食事指導、サプリメント指導、免疫療法、がんワクチン療法、などなど…「がん統合医療」を行う施設とその取り組みを知る事が出来ました。

happyou.jpg
今回の大会長 札幌がんヴィレッジ札幌院長 平田 章二先生の発表


学会の最後は、木村先生が座長を務め、「がん統合医療とヨーガとスピリチュアリティー」と題した、シンポジウムが行われました。
これが、とてもよかった!

kimura.jpg
ヨーガ療法学会理事長 木村 慧心先生

シンポジストは、カトリック修道会イエズス会の司祭様をされながら、ヨーガ療法士をされている柳田敏洋先生と、日蓮宗釈迦寺住職をされながら、ヨーガ療法士としても活躍される影山教俊先生と、医者である今回大会長の平田章二先生の3人。

つまり、キリスト教と仏教と医師のそれぞれの立場からのお話を聞けたのです。
日本で、数年前からやたらスピリチュアル、スピリチュアルとスピリチュアルが暴走していますが、地に足の着いた素晴らしいスピリチュアリティーのお話をきけて本当に面白かったです。
しかも、最後に日本ヴェーダンタ協会のスワミ・メダサーナンダさんも意見を述べられて、インドのラーマクリシュナ・ミッションの立場からのお話も聞けて、本当に有意義なシンポジウムになりました。

shimpo.jpg
オレンジの袈裟がスワミ・メダサーナンダさん。


別会場では、300題近くの症例のポスター発表が行われていました。
興味のある症例のポスターの前に沢山の方が集まり、先生に質問をされています。
posuta.jpg

今回、私は、ポスター発表の座長を務めさせて頂きました。
初めて座長をするにあたって、発表者の方の症例報告を勉強させていただいたのですが、大変素晴らしいものばかりで、感激しました。
そして、私も同じヨーガ療法士として、みなさんと意見交換が出来て、大変うれしかったです。
それぞれの、場所でさまざまな症状の生徒さんが、ヨーガ療法士の知識や技術を必要とされています。
アーサナを教えるだけがヨーガ療法士ではないのだと。心から感じます。
感じて、それを行動に移す。そして、それを伝える。
改めて、その大切さを学ばさせていただきました。

zacho.jpg
発表者のみなさんと一緒に。



それにしても、山陰はジメジメ暑いです。
札幌にもう一度行きたい~。次回は旅行で行きたいです。



Comment:1  Trackback:0
2011
05.31

癒しと気づきの旅vol.2 【島ヨーガ】

Category: イベント
癒しと気づきの旅Vol.2ゴールデンウィーク特別企画

日本一解放できる島で自分という自然に出会う旅


5月3日~5日まで(2泊3日)の報告です。

島ヨーガ編。

今回の旅のサブタイトルにもあります、日本一開放できる島で自分という自然に出会う旅を完成させるため、我々が選んだ場所は、やっぱりココ!


隠岐神社
DSCF2538 (400x300)

今日は、天気も良く、参道の緑やつつじがとてもきれいです。
DSCF2539 (400x300)

今回、この「島ヨーガ」にどんな思いを込めたかというと…
私たちは色んな刺激の中で、さまざまな事に思いを巡らせて生きていますが、結局の所、宇宙を含めたこの地球上に乗っかって、生かされている存在であるのよ。
と、いうことを感じていただければ…と、思ってプログラムを組みました。

現在、私たちの生活は、インターネットで瞬時に情報を得ることができ、お金さえあれば、好きなものを好きなだけ買うことが出来ます。そして、携帯電話やスマートフォンで、世界中のだれとでもお話できます。
さらには、飛行機に乗って1日あればどこにでも行けて、なんだか、私たちが作って、私の思い通りになるような錯覚に陥りそうです。

インターネットで欲しいものを手に入れて、家電を買い替え、エコポイントをもらい、スマートフォンで、どこでもインターネットを楽しみ、雑誌の付録のブランド物のカバンを持って、婚活ブームで合コンして、有給使って、海外旅行へ行き、テレビでやっていた芸能人の行くお店でランチを食べて、セレブと結婚して、マイホーム買って、人よりもいい生活をしたい!それが生きる目的☆☆☆

私はよくインターネットを買い物や、ツイッター、ブログなどで利用しますが、インターネットの世界は、こういう価値観をあおる内容の広告だらけです。
本当にポイントもらってお得になったり、人よりもいい生活をして、興奮することが求められているのでしょうか?そして、私たちはこれで幸せになるのでしょうか?そのために生きているのでしょうか?

今回、東日本大震災を受けて、私たちが思っていた無限の生活はすべて、有限のものであったことが分かりました。マイホームは自然の一撃で、一瞬で海のごみに。さっきまで生きていた、社会のルールを守る、いい人達も津波にのみこまれて亡くなりました。家も、家族も、仕事も、お金も、全部消えてなくなるのです。
未来は無限かもしれませんが、明日は有限なのです。

明日死ぬかもしれない生活と隣り合わせである私たち。
その中で、何が大切なのか?なぜ、こうやって生きているのか?何のために生きているのか?何が真実なのか?
一人一人がそこに意識を向け、自分自身の内側を感じる時が来ています。

今回のワークショップは、はじめに、ヨーガのアーサナによって、身体を動かすことで肉体に起こる感覚を感じ、身体に感覚があることをまず確認。

次に、人間の作った刺激物のない、自然の中に身を置くことで“私”という存在を感じる。

さらに、自然の中を歩いて、誰とも話さず、目も合わさず、宇宙の創造物である“自然”と“わたし(人間)”を見つめることで、生かされている存在であることを感じる。

最後に、参加者との感覚のシェア。
他者との共感や、意見交換は、喜びを感じることが出来ます。
そして、私たちは独立した個として存在していますが、孤独ではない。みんな一緒であるという、一体感をおみやげに持って帰ってもらいます。


DSCF2562 (400x300)
隠岐神社の参道の横の広場にブルーシートを敷いて、ヨーガを行いました。
この日は、5月で一番の天気の良さになりました!


初めは、セラピー的なヨーガのアーサナを行いました。
DSCF2571 (400x300)
腰をひねるポーズ。ヴァクラ・アーサナ。腰痛に効く!

DSCF2564 (400x300)  DSCF2569 (400x300)  
横曲げのポーズ。アルダ・カティ・チャクラ・アーサナ。

ヨーガ・アーサナが終わった後は、オムロさんが入れてくれた、島に自生しているくろもじの木で作ったお茶
島のハーブティーふくぎ茶で休憩します。
すごく、癒される香です☆
DSCF2572 (400x300)  DSCF2573 (400x300)

DSCF2579 (400x300)  DSCF2574 (400x300)

DSCF2577 (400x300)  DSCF2576 (400x300)
世界中から集まった人が、小さな島の、しかも一つのビニールシートの上にいると思うと不思議。


つづいて、歩いて、大きな木のある所へ移動します。
DSCF2581 (400x300)
移動中も光と緑のシャワーが本当にきれいでした。


みなさんに、それぞれ好きな場所を見つけていただき、その場所で簡単なヨーガと瞑想をして頂きます。
みんな、自分に合う場所のエネルギーが分かってしまうのが素晴らしい☆☆☆
DSCF2585 (400x300)
ピッタリの木ですね。

DSCF2584 (400x300)
妖精のようです、オムロ様。

DSCF2586 (400x300)  DSCF2587 (400x300)

DSCF2591 (400x300)  DSCF2588 (400x300)

DSCF2590 (400x300)  DSCF2589 (400x300)

上の写真のヨーガの後、その場で座ってしばらく瞑想しました。
落ち葉をおしりで感じて、太陽の光と新緑が反射した、大きな木の下でみなさん、どんな感覚を感じられたのでしょうか?
自然の中で瞑想なんて、本当に贅沢な時間だったような気がします。

そのあとは、森の中を、誰とも話さず、携帯もカメラも持たず、歩きます。
人とすれ違いますが、自分が一人になると決めると、“個”として存在することが出来ます。
森の中に“わたし”を置いて、その感覚を感じます。

「木があって、土があって、生き物がたくさんいて…太陽があって、空があって、地球があって、宇宙があって…。 一体、私はどこからやってきたんだろう? なぜ、ここにいるんだろう? わたしは、誰なんだろう?」
内側から湧き上がるヴァイブレーションでなぜか、涙が出ます。胸が震えます。私は、感動していました。


森の中のウォーキングを終えると、みなさんグループになっていただいて、今回の体験のシェアをします。
昭和の初めから平成生まれまで、性別も人種も越えてみんなミックスです。

感覚の言語化はとても大事なことだと思っています。
言語化するということは、内側の感覚をしっかり意識化しなければ、言語化出来ません。
意識化して、頭の中で言語化する。そして、それを言葉にして発することは、エネルギーを生み、物質化(現実化)させます。
特に、若い世代の新しい感覚を言語化して、発言し、物質化することは、これからの時代とても必要と考えます。
今回に限らず、常に自分の感覚を頭の中で言葉にしてみてください。
自分自身の客観視に大きくつながります。

DSCF2598 (400x300)

DSCF2603 (400x300)
時間を決めてお話していましたが、同じ体験をしたもの同士、話はつきません…。
一体感をおみやげに…



【体験者の感想】
こんなにじっくりヨガをしたのは初めて。自然最高すぎる。
自分の体と向き合って、生かされている事、改めて実感できました。

参加者の方が、ブログに感想を書いてくださっていますので
こちら、ご覧ください。
とっぴぃさんのブログ



つづく…
Comment:0  Trackback:0
2011
05.21

癒しと気づきの旅vol.2 【島のお弁当】

Category: イベント
癒しと気づきの旅Vol.2ゴールデンウィーク特別企画

日本一解放できる島で自分という自然に出会う旅


5月3日~5日まで(2泊3日)の報告です。


二日目のお昼ご飯は、島のお弁当です。

菱浦(ひしうら)の港でピクニックです。
オムロさんがよそってくれているのは、ターメリックライス。
DSCF2550 (400x300)
ごはんが黄色~☆なんか、食べるだけで、元気になりそう…

オムロさんがよそってくれたごはんに、サミーラ特製のスリランカカレーをかけて、食べます。
サミーラの作ってくれるお弁当は何度か食べていますが、本当に美味しいです。
DSCF2551 (400x300)
黄色いごはんに、黄色いチキンカレーをかけて、黄金ランチ!金運よ上がれ!


島のオードブルも最高でした。
海の幸、山の幸のお煮しめがたっぷり。ワラビ、フキ、イカ、メカブ、確か、真ん中はウミウシ!!
全部、おいしく頂きました。
DSCF2554 (400x300)
ウミウシって食べるらしいよ!しかも、おいしかった!

いただきます~!をして、みんなでごはんを食べました。
DSCF2559 (400x300)

サミーラさんのスリランカカレーを食べるときは、スプーンもありますが、手で食べるのも楽しいです。
食べ物を手で食べることは、食物のありがたさを指先から感じ、感謝の気持ちを感じる。と、いう意味があるそうです。
なぜか、手で食べるとおいしいのです。なぜか。。。
DSCF2558 (400x300)
景色のいい場所で、シーカヤックの後のランチはとても良かった!



つづく…
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。