--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.02

The Blue Water 【客室】

スリランカ、スリランカ、ワッドゥワにあります、The Blue Water.
コロンボからも近い、海辺にある、リゾートホテル。


お部屋も十分広かったです。
天井も高くて、気持ちよく、落ち着くお部屋でした。



R0014869 (420x315)


R0014865 (420x315)



ガラス張りのバスルーム。
おしゃれだったけど、、、

R0014864 (420x315)


ジャグジー気持ち良かったけど、、、
R0014872 (420x315)


左のシャワー使うと、床の傾斜の作りが甘く、排水溝へ流れず、バスルーム全体が水浸しになる!
R0014874 (315x420)


このオシャレな洗面台のボウルも、蛇口がボウルギリギリの所にある為、手を洗おうと思っても、ボウルが邪魔で洗えない。
水を溜めることしか出来ないという、不便さ。
R0014875 (420x315)
蛇口もっとながくしてくれ。


窓の外はテラス。ビーチが望めます。
R0014877 (420x315)




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
05.23

The Blue Water【夕方のプールその2】

The blue waterのビーチ。

bR0014919 (420x315)


bR0014923 (420x315)


bR0014925 (420x315)


ビーチが黄金に光る。
bR0014929 (420x315)

砂が赤い?黄色い?ので、黄金色になるみたいです。
bR0014930 (420x315)




プールサイドのパラソルの下に座って、沈む夕日を眺めていました。

bR0014939 (420x315)
どんどん変化する、空の色。

bR0014942 (420x315)


bR0014948 (420x315)


bR0014949 (420x315)


bR0014951 (420x315)


日が沈むと、ホテルに照明が点灯。
昼間とは全く違う印象になりました。
bR0014954 (420x315)








Comment:0  Trackback:0
2013
05.23

The Blue Water 【夕方のプールその1】

The Blue Water内をフラフラ歩く。

写真、左端にウェディングドレスの女子がいます。
スリランカのリゾートホテルや植物園では、婚礼写真のロケーション撮影が盛んです。
滞在中に何組ものカップルを見ました。
aR0014896 (420x315)
真ん中には水着の上半身裸の男性がいるので、なかなか斬新な写真が出来たのでは?


夕方、少し曇り空です。
aR0014899 (420x315)


aR0014900 (420x315)


廊下や柱だけでなく、空にそびえ立つヤシの木も直線的なデザインに貢献。
そして、THEリゾート!という感じである。
aR0014902 (420x315)


aR0014911 (420x315)


ちなみに、この時このホテルにいた、アジア系の平たい顔してたのは私だけであった。
ドイツ人、イタリア人、イギリス人…。といった感じで、ヨーロッパにいるみたいだったので、フラフラ歩いていると、スタッフのスリランカ人はじめ、イギリス人紳士など、たくさんの人から「Where are you from?」と聞かれまくる。
aR0014915 (420x315)
この時、お話したイギリス人男性は、1ヶ月も家族でここに滞在するそう。
バカンスをのんびり過ごすヨーロッパ人、ウラヤマシー。


プールの周りのデッキチェアは、係の人に、使いたいと言うと、チェアマットと青と白のストライプのタオルをくれます。デッキチェアの移動もしてくれます。
bIMGP2145 (420x315)


プールと庭の向こうは海です。
ホテルから、庭を通ると、海に出れるので、サーフィンする人もいましたよ。
bIMGP2147 (420x315)


夕日がインド洋に沈みます。
bR0014907 (315x420)







Comment:0  Trackback:0
2013
05.23

The Blue Water 【エントランス】

ブログを放置気味です。
久しぶりにスリランカホテルシリーズを更新。

スリランカ、ワッドゥワにあります、The Blue Water.
コロンボからも近い、海辺にある、リゾートホテル。

名前の通り、ブルーウォーターな水をデザインしたホテル。
これも、ジェフリー・バワ設計のホテルです。


R0014963 (420x315)



内側から撮った、ホテルの扉。
この扉から、ホテルの奥にあるプールまで真っ直ぐ続く廊下。
R0014965 (420x315)

これは、扉の横の廊下。廊下も、柱も直線。
R0014966 (420x315)

R0014962 (420x315)

R0014964 (420x315)


フロントの前にある、机と椅子。
R0015007 (420x315)



ホテルの中を流れる水が、プールに流れ込むデザイン。
R0014982 (420x315)

逆光で分かり難いですが、水の廊下がプールにつながっています。
R0014986 (420x315)


R0014987 (420x315)



R0014990 (420x315)


R0014988 (420x315)



R0014998 (420x315)


R0014999 (420x315)

プールの前には、くつろぎのスペース。水着やサンダルで昼からシャンパンを開けている人も多し。
ここも、直線的なラインがきれいです。
R0014997 (420x315)


R0014995 (420x315)



Comment:0  Trackback:0
2013
01.28

ルヌガンガ 【母屋のテラス2】

ルヌガンガ 母屋のテラス。

絵画の様な景色。ゲストはこのテラスで食事をとります。
R0014852 (420x315)


ルヌガンガのシンボル的存在、プルメリアの木。
IMGP2124 (420x315)


枝ぶりがカッコいいので、影までカッコいい。
プルメリアの花が地面に落ちて、緑の上に白いお花が咲いている様です。
IMGP2141 (420x315)

IMGP2126 (420x315)

テラスに座っていると、最高の景色、色、音、光、風、匂いを感じる事のできる、まさに桃源郷。
IMGP2129 (420x315)


テーブルの上にプルメリアの花。
IMGP2130 (420x315)





Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。