--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.08

洗濯物をたたみながら

Category: ヨーガ
昨日、通称YICと呼ばれる、(社)日本ヨーガ療法学会のヨーガインストラクターコースの卒業試験の試験官を務めさせて頂いて来ました。
受験者も緊張したけど、試験官の私もド緊張!
昨晩はバタンキューと寝てしまいました。
YICを卒業すると、今度はYTIC(ヨーガセラピストコース)の2年間コースが待っていますが、それを私は卒業して計3年間学校に通い、A4用紙105ページに渡る卒業論文まで出して、さらに今年のヨーガ療法学会でも症例発表をする、ヨーガ療法の専門家、言い方変えればヨーガ・オタク。
いつも、教室前に先生のくせに「あー、疲れた。」「腹減って目が回る。」「眠たい。」「ギックリ腰になった!」「温泉行きたいわぁ~。現実逃避したい。」などなど、そんな事ばっかり言って、ヒヨコのTシャツなんて着ている、ヨーガの先生らしからぬフザケタ人間をさらしているので、たまにはどれだけすごいか自慢。

YICの卒業生の方にしたらすごいことをしている人なんだなぁ~と思われがちですが、昨日、夕方家に帰って洗濯物を取り込んでたたみながら思ったことは、そんなこと、全然すごくない。
毎日、毎日、子育てしながら、家族のために食事を作って洗濯、掃除、家族が過ごしやすいように家を守り続けることの方がよっぽどすごい。

ヨーガの試験官を務めて、改めて思ったのは、アーサナを上手に教えれるかどうかなんて、ヨーガを行じるものとして、本当にどうだっていいことだし、パソコン使ってデータを出して、症例発表したとかしてないとか、1年勉強したとか、3年勉強したとか、そういうことじゃないということを感じました。

どういう心で、日々生活しているのかどうか?
ダライ・ラマ14世の言葉を使えば「他者へのやさしさと思いやりこそ、最も大切な人間の価値」なのだというそこに立ち返ったのでありました。
洗濯物をたたみながらね。
つまり、ナンチャラのポーズなんてとらなくても、洗濯物をたたむことが瞑想なのでありました。

※参考文献 思いやり ダライラマ14世[著] マリア・リンチェン[訳] サンマーク出版



さらに言うと、こんなことも最近ありました。
我が家のオリーブちゃんが元気がなく…、葉先が茶色く枯れてきたりしていました。
ネットで調べるにあたり、それは根詰まりが原因ではないかということで、大きな鉢に植え替えろ!とのお告げ。(ネットからの)


実際に鉢から出してみると、見事な根詰まり…。
これじゃ、病気になるわなぁ。と実感。


そして、植え替えてみました。右が今までオリーブちゃんが入っていた鉢。


それから1ヶ月後の現在。見事に青々と復活!


植物も人間も、自分に合わない器に入っていると、病気になるよ!
この教訓を自分に言い聞かせ、根詰まりを起こさないようにしようと思う、今日この頃。

つまり、これもナンチャラのポーズをとったりしなくても悟れる。
ガーデニング・メディテーション。

皆様も、よいヨーガ・ライフを…。


トラックバックURL
http://om1103.blog134.fc2.com/tb.php/244-116ed5ec
トラックバック
コメント
昨日はアヒルTシャツありがとう。あれで多くの人が和んだはず(^^)
そのあとのおぼれるアヒル、泳ぎ牛うけたーーーっ。
そういうセンスをわたしも磨いていこう(^^)
やだもんdot 2012.06.09 02:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。