--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.29

シーギリヤロック【その1】

スリランカを代表する世界遺産と言えば!やっぱりシーギリヤロック!!ジャングルの中にそびえる岩山です。
5世紀の宮殿跡なのですが、詳しくはお調べください。

001.jpg

この暑さの中(気温30℃)あの頂上まで今から登るんだと思うと、マジかよー。と、ツアープランを少し恨む…。
シーギリヤロックのふもとまでのこの道は、思ったよりも短かったです。
002.jpg

これは、宮殿の女官達のプールだったものだそうです。
5世紀のものがここまではっきり残っているってすごいです。
004.jpg

さぁ、シーギリヤロックのふもとです。
敵の攻撃を防ぐため、大きな岩がぶつかったような、そんな狭い隙間が入口です。
一生懸命説明してくれているのは、ガイドのカーリンダさん。
実は、もうこの入口にシーギリヤ・レディが描かれていたそうです。
005.jpg

これが、その跡。
てことは、この岩全面にシーギリヤレディが描かれていたってこと!?と、ビックリ。
006.jpg

隙間の入口の内側から。
007.jpg

とにかく、カーリンダさん(今月4回目の登頂)の背中を追いかけてひたすら階段を上る。
008.jpg

岩の絶壁に作られた廊下の向こうは、あの、シーギリヤロックの場所です。
廊下の先にらせん階段が(写真中心)見えるでしょうか???
らせん階段を登った所にあります。
009.jpg
横顔、カーリンダさん、イケメン!

ここからの景色はもうすでに絶景。ジャングルが広がります。
頂上まで登らなくてもいいんじゃないか?と、しつこく思う…。
010.jpg

ちなみに、この絶壁の廊下。こんな感じで取り付けられています。
ヒエー!!!!!!!
R0014417 (323x430)
下りの時にこれを知る。登っている時じゃなくてよかった。

シーギリヤ・レディに会うために、らせん階段を登る。
何より、この階段が怖かった。狭い!下は見える!一方通行!立ち止まれない!
011.jpg
写真どころじゃないので、その時の写真はないです。これは、帰りに下から撮った写真。



つづく…
トラックバックURL
http://om1103.blog134.fc2.com/tb.php/245-65c122e8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。