--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.25

ルヌガンガ 【庭散歩1】

久しぶりの更新。
ルヌガンガの庭。

母屋の方から下の川の方をのぞくと、田んぼがあります。
夜は分からなかったけど、田んぼを耕すお百姓さんの声が明るく、にぎやかで、とても平和な気持ちになりました。

R0014828 (420x315)


白い青年(白い服を着たスタッフのお兄さん)に説明を受けている部屋は、バワの寝室。
寝室の中も見学させて頂いたのですが、「No Photo.take off shoes.」と、白い青年にお願いされたので、写真はございません。美術館にベッドがあるようなお部屋でした。
変なパジャマではウロウロ出来ないな。と思いました。

R0014833 (420x315)

これは、ランチテーブル。
こんな美しい木陰でランチなんて!!
景色が美しすぎて、食欲わかないだろうな。などと思っていました。
IMGP2068 (420x315)


これも母屋の下に見える人口の池。
分かり難いですが、これは蝶の形をしています。
(奥が左の羽、手前が右の羽)
IMGP2069 (420x315)

緑の美しい小道。母屋から池の方に下りていきます。
IMGP2070 (315x420)

池の方に下りました。
IMGP2071 (420x315)

白い青年は、言葉少なく丁寧に英語で説明してくれます。
行く先々で、ボッたくられ、海外旅行客値段を付けられた物を買えと言われ、チップを1000ルピーも要求するオッチャン達に会ってきた私には、親切にしてくれる人に警戒心がありましたが、「こんな若者もいるのだな、スリランカ。」と、とても満足な時間を過ごしました。
IMGP2073 (420x315)
名前を聞いておけば良かった…、白い青年。


池の横にあるベンチ。
IMGP2078 (420x315)

ベンチに座ると風が涼しい。
広がる池や田んぼののどかな風景。すぐそこの母屋から聞こえる人の声。
遠く離れたスリランカという国なのに、何とも言えない懐かしい気持ちになりました。
IMGP2075 (420x315)

蝶の形の池の中心を通る。
IMGP2083 (420x315)
真ん中にあるのは、日時計だそうです。

池の方から、家の方を望むとこんな感じ。森の中に家がある。
IMGP2084 (420x315)

池には水連が咲いています。
IMGP2085 (420x315)

IMGP2080 (420x315)


田んぼの景色というのは、実に平和な気持ちにさせてくれます。
わざわざ別荘の敷地内に田んぼを作ったバワ。
IMGP2088 (420x315)
ともて楽しそうに働いていらっしゃいました。

川まで歩きました。
白い青年から、「この川は、海水と淡水が入り混じっている川」との説明を受ける。「ルヌの意味は塩、ガンガは川。そこから取ってルヌガンガとバワが名づけた」という話を聞く。
IMGP2091 (420x315)

IMGP2092 (420x315)




つづく…







トラックバックURL
http://om1103.blog134.fc2.com/tb.php/275-bff8a8dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。